FoxStyle

大学生のマインドマップ的ブログ

【必見】エジプト旅のヒント(前提知識・準備)

エジプトのラクダ

今回、安全にエジプト(カイロ)観光を楽しむための方法や前提知識をお伝えしたいと思います!ガイドブックにはあまり載っていないようなことを伝えようと意識して書いたので、ぜひ参考にしてみてください!

まずエジプトと聞いて

「一生に一度は訪れたい名所」の一つとして必ず挙がるピラミッド。

ナイル川沿いに古代文明が栄えたエジプトには、ギザの三大ピラミッド、スフィンクス、ルクソールの王家の谷など数多くの観光名所が存在します。

そんな魅力溢れるエジプトですが、いざ行ってみようと思っても、知り合いに実際に行った人はないし、なんとなく「安全なの?」「英語は通じるの?」といった不安が先行すると思います。

まずはそういった不安をなくすためにエジプトを旅をする上での前提知識を1つずつ確認していきましょう。

治安

エジプト危険スポット広域情報(2019/1/7)
外務省海外安全ホームページ危険スポット広域情報(2019/1/7)より

危険なエリアになればなるほど、色が濃くなっていきます。(レベル1→レベル3)

安全な場所であれば、色がつかないはずなのですが、エジプトは全域色が付いてますね(笑)。

私がエジプトに渡航した2018/3/8時点では、レベル1は首都カイロだけで、その他はレベル2か3でした。ですのでカイロしか行けませんでした。

両親にはカイロに行くのさえも渋られましたが、その時中国もレベル1だったので、中国に行くのと変わらない危険度だと言うことを切り口に説得しました。

現在は治安状況が落ち着いてきているようです。

エジプトは観光立国であり、国の収入の大部分が観光業によるものです。ですので、観光地や大使館などが多く存在するカイロではテロが起きないように警備が厳重です。

もちろん日本とは安全状況が全く違うので、危機管理は必要ですが、レベル1なら過度に心配する必要はないでしょう。

それよりも交通事故に注意に注意してください。発展途上国あるあるですが、テロでの死亡確率よりも交通事故での死亡確率の方が圧倒的に高いです。

あとは、夜間の女性の一人歩きは危険なので控えましょう。

最新の情報を取得したい場合は以下のリンクにアクセスしてみてください。
海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報

言語

公用語はアラビア語です。

これはほとんどの人が知らないと思うのですが、アラビア語には、標準語で書き言葉(日本語でいう古文)として使われる「フスハー」と、方言で話し言葉として使われる「アーンミーヤ」の2種類が存在するので、両方覚えていないといけないです

ですので、アラビア語がわかる友人を連れて行くか、あらかじめ現地でアラビア語を使える日本人と繋がりを持っておくか、現地の大学の日本語学科の学生と繋がりを持っておくか、スマホの翻訳機能を使うか、などすればいいでしょう。

一応アラビア語でよく使うフレーズがまとめられた記事を以下に貼っておきます。
アラビア語の挨拶フレーズ集(旅行、自己紹介、簡単な日常会話編)TOP30 - MULTILINGIRL♪

次に、首都カイロでは英語を喋れる人は多いです。

ホテルはもちろん、飲食店、クリーニング屋、スーパーなど海外客が利用するであろう場所では英語は通じるので安心してください。

ただしアラブ訛りが凄いので、最初の数日はリスニングに苦労するかもしれません。

公用語はアラビア語ですが、エジプト人は結構たくさんの言語を操ります。英語やフランス語、スペイン語など、本当に語学に長けています。

エジプトの教育水準はかなり低いので、学校で言語くらいしか学ぶことがないのかなと勝手に思っています。

数学は苦手な人が多いし、少年期に育むべき道徳や倫理の概念を持ち合わせているエジプト人は少ないように思います。

あとはヨーロッパが近いのでその影響もあるのでしょうか。

エジプト人

温厚で優しい性格な方が多いです。親日家が多い印象を受けました。

私が現地の大学に行った時は、結婚を申し込まれるほど女子大生にモテました。

おそらく人生3回あると言われているモテ期を1回消費してしまいましたが、今となっては良い思い出です。

現地での宿泊場所

ザマレック(Zamalek)という地区は、大使館が多いので、警備が厳重に張り巡らされており、カイロ市内でも治安の良い場所だと言えます。

この地区にあるホテルに泊まっておけば問題はないでしょう。

私は、カイロ大学の文学長とのつてがあったので、彼のおかげでスイートルームを1泊5000円くらいの超格安価格で泊まってました。毎日キングサイズベッドで寝てました。

現地での交通手段

配車アプリUberを使うのが最も安全で便利かと思います。

エジプトは物価が安いので、Uberで10km走ったとしても300円くらいしかかかりません。

地下鉄もありますが、やはり行ける場所が限定されるので、Uberが無難でしょう。

ちなみに、普通のタクシーだとぼったくられる可能性が高いし、ぼったくられなかったとしてもチップを払わなければならないので若干高くなります。

あとタクシードライバーがアラビア語しか話せない場合が多いので、行き先を伝えられない可能性が大いにあります。

準備しておくべきもの

1. 最低25ドル

エジプト入国時にカイロ国際空港でビザを25ドルで買うので持っていた方が良いでしょう。

また、エジプトの通貨は「エジプシャンポンド」なのですが、現地で両替する時は日本円だとできる場所が限られてしまうので、米国ドルをある程度多めに用意しておくべきです。

観光地ではクレジットカードが使えない場所もあります。

ビザ取得に関しては以下の記事に詳しく書いてあります。
【VISA】エジプトのカイロ国際空港で簡単にアライバルビザを取る方法

2. 変換アダプター

エジプトの電圧は220ボルトで、コンセントの形状も日本とは違うので、変換アダプターが必須です!

エジプトで使えるコンセントの形状は、タイプCです。2つの丸穴があるタイプです。

海外旅では、以下のような様々なタイプ形状に対応した変換プラグがあると便利です。

サンワサプライ 海外電源変換アダプタ ホワイト TR-AD4W

サンワサプライ 海外電源変換アダプタ ホワイト TR-AD4W

最後に

今回はエジプトを旅する上で必要となる諸事情についてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

エジプト(カイロ)の観光スポットやおすすめ料理について知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください!

www.fox-style.com