FoxStyle

大学生のマインドマップ的ブログ

5年前、私が高校1年生の時に Google Japan 本社に行って驚いたこと

Google

Google Japan には、高校1年生の職場体験の時に見学したことがあったのですが、勉強と部活しかしていなかった当時の私には非常に刺激的な体験でした。

確か、北大出身の若い社員さんに案内してもらったのですが、その時に将来はGoogleみたいなところで働きたいと思いましたね。

あれからもう5年も経ったということを考えると、時間って本当にあっという間だなと思うのですが、それはさておき、今回は私が5年前に体感した衝撃を振り返っていきたいと思います。

六本木ヒルズ森タワー
六本木ヒルズ森タワー

おしゃれすぎるオフィス

Google Japan のオフィスは、日本の「和」をコンセプトとして作られているのですが、銭湯の壁面があったり、SakuraやKikuといったように日本の木をイメージした部屋があったりしました。

オフィスには、自由な個別スペースが多く存在し、コミュニケーションをはかれるアイデアが散りばめられています。

ですので、社員それぞれが主体的に動いてコミュニケーションを取ってビジネスを進めており、見学時には、たくさんあるフリースペースもほとんど使用されていました。

今でこそ日本にもおしゃれなオフィスがたくさん増えましたが、当時はGoogleのような画期的なオフィスはあまりなかったので、かなりびっくりしましたね。

Googleは本当に社員を大切にしているなと感じました。

careers.google.com

福利厚生が充実

目に見えるところでは、オフィスのあらゆるところにフリーのドリンクやスナックが常備されていたり、マッサージスペースや仮眠室があります。

個人的には、見学中に飲み物を買おうと思って自動販売機にお金を入れようとしたら、お金を入れるところがなかったのが印象的でした。

無料なので、ボタン押し放題なんですよね(笑)。

また、オフィスには、専用シェフが振る舞うビュッフェ形式の社員食堂があります。

これは結構有名だとは思いますが、完全無料で、いつ行っても世界中の美味しくてバランスのとれた料理をいただけるのは魅力的です。

社員さんも、食事のことを考えなくて良いので、ストレスを感じることなく仕事に没頭できると言っていました。

私も食堂でランチをいただいたのですが、料理のクオリティーには驚きました。

他にも寿司屋もあって、美味しいお寿司が毎日食べられるらしいです。

とても羨ましい!

「仕事中に遊んでもいい」という考え

Googleは社員の遊び心をとても大事にしており、オフィスにはゲームルームや卓球台などがありました。

私は、見学中に思いっきりゲームを楽しんでいた社員さんを見て、別に会社で仕事をしなきゃいけない決まりなんてないんだと思いました。

遊びたい時に遊ぶというのは非常に人間らしいですよね。

オフィスではずっと仕事をしなきゃいけないという考え方は、身体的にも精神的にも不衛生ですし、ステレオタイプであると今は思いますが、当時の私には衝撃的でした。

オフィスに遊べる環境があることで、社員は息抜きできるし、もしかしたらその場所で新しいアイデアが思い浮かぶかもしれないし、非常に合理的なやり方ですよね。

この本を読めば、Googleの思想がどのようなものなのかわかると思います。

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: エリック・シュミット,ジョナサン・ローゼンバーグ,アラン・イーグル,ラリー・ペイジ,土方奈美
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2017/09/02
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る

Googleでは3、4年でクビになるのは普通

これは、ランチをしていた時に社員さんに教えてもらったのですが、個人的には1番衝撃的でした。

当時の私は、会社には何十年も勤め上げるものだと思っていたので、このことを初めて聞いた時、お給料が高くてこんなに福利厚生が充実していても、そんなに早くクビになってしまうんだったらGoogleに就職しても意味がないと思いました。

でも、この「クビ」というのは、すべからくマイナスのイメージを持つものではなく、むしろプラスのイメージだということを教わりました。

もちろん結果を出せなくてクビになる場合もあるようなのですが、多くの社員は自分のスキルアップのために自らクビになって(辞めて)転職するらしいです。

優秀な人は同じところに居続けるのではなく、自分から環境を変えてステップアップしていくものなんですね。

今は自分のキャリアアップや年収アップのために転職するという考え方は一般的になりましたし、転職も昔よりはしやすくなりました。

Google Japan を訪問したことで、高校生ながら将来の自分のキャリアについてしっかり考えることができました。これは本当に大きかったなと今でも思っています。

最後に

もう5年も経っているのに、今見てみてもGoogleみたいな感じの充実したオフィスは中々ないですよね。

本当にGoogleは世界の最先端を突っ走っているんだなと思いました。

Googleの六本木のオフィスは「和」がテーマでしたが、新オフィスはどんなコンセプトで作られるのか楽しみです!