FoxStyle

大学生のマインドマップ的ブログ

ポジティブ思考は人生を大きく変える【思考=クセ】

元気いっぱいのおじさん

こんにちは、現在大学3年生のFOX(@Aredfox4624)です!

皆さんは、今の自分の人生を100%楽しめていますか?自分の夢に向かって突き進めていますか?

私は、今をめちゃめちゃ楽しんで生きています(断言)!

なぜって、毎日「ワクワクマインド」を持ちつつ、新しいことや興味あることにチャレンジできているからです。

それでも、私が人生を楽しめていると感じるようになったのは、つい1年くらい前からでした。

ですので、中学生や高校生の時は、正直自分の人生を心の底から楽しめていたかというと、そうではありませんでした。

私が大学生になってから変えたこと、それは「ポジティブシンキング」をすることです。

私の「ワクワクマインド」も、このポジティブ思考から派生したものです。

私は、このポジティブ思考が自分の人生を豊かにしていくための重要なファクターであると考えているので、今回は自分の経験を元に、「ポジティブ思考」について考えを述べていきたいと思います。

ポジティブ思考のメリット

1. 柔軟で客観的な考え方ができる

ポジティブ思考の人は基本的に前向きなので、問題が発生したとしても、まだこんなやり方があるんじゃないかと、あきらめずに考えを張り巡らし、さまざまな問題を乗り越えることができます。

いつもなんとかなっている人は、しっかりと考えて行動しているわけです。

ここで勘違いして欲しくないことは、ポジティブ思考というのは、必ずしも良いことばかり考えているわけではないということです

本当に良いポジティブ思考の人は、プラスとマイナスの両方を適正に見れているので、冷静な心理状態の場合が多いです。

ですので、適切な判断ができる可能性が高く、その場に応じた柔軟な考え方ができるんですね。

2. 失敗を恐れない

夢や目標の実現までの過程において、1度も失敗せずにいけた人なんてほとんどいないと思います。

皆、何かに失敗したり、壁にぶち当たったりしながら、ちょっとずつ成長していきます。

そして、夢を叶えるために必要なのが、「努力の継続」です。

成功の反対は失敗ではなく、あきらめることです。

困難から逃げるのは簡単ですが、自分の思考をちょっと変えることで、その困難さえも楽しみ、自分の成長に転換していくことができます。

「自分はどうせ失敗するに決まっている」など、ネガティブな思考をしていれば、間違いなく目標を達成することはできないでしょう。

3. 人に好かれる

やはりネガティブな人よりポジティブな人の方が、人間的に魅力的に映るものです。

私も、大学に入ってから交友関係が大きく広がり、様々な友人からいつも大きな刺激を受けて生きています。

今の交友関係があるのも、自分がポジティブに生きてきたおかげであると思っています。

意識的にポジティブ思考になる方法

1. 自分の挫折経験を思い出す

冒頭で「中学生や高校生の時は自分の人生を楽しめていなかった」と書きましたが、それは中学と高校のそれぞれで、挫折を経験したことによる影響が大きかったと言えます。

中学では、中学2年生の時に、変なあだ名で呼ばれたり、制服にいたずらをされたりといった軽いいじめを受けました。

当時、私は身長が小さかったので、多分舐められていたんだと思います。

まあ途中で私も限界がきて、いじめっ子グループの一人をボコボコにしましたが。

手を出すのはあまり良くないけどね。

個人的には自分がいじめを受けるなんて微塵も思っていなかったので、内心ショックでしたね。

高校では、自律神経失調症という病気に苦しみました。詳しくは以下をご覧になってください。

www.fox-style.com

とまあこんな感じで、私も思春期に色々と経験したわけですが、こういった挫折体験は自分のさらなる飛躍の原動力になります。

人生山あり谷ありとよく言われますが、自分の谷(挫折体験)が大きければ大きいほど、自分の山(成功体験)は大きくなると言われています。

大きな挫折を経験するというのは、その時は辛いですが、後々大きな効力を発揮します。

つまり、1度大きな挫折を経験していると、その後の多少の挫折は痛くも痒くもなくなります

結果として、ポジティブに生きられるわけです。

就活とかでも「挫折経験はありますか?」と度々聞かれますよね。それもこういうことだと思います。

落ち込んでしまった時には、自分の大きな挫折経験を思い出すようにしましょう!

2. 背筋を伸ばして堂々と振る舞う

「前を向〜いて歩こ〜う🎵」というわけではないですが、ポジティブな人って自分によくわからない自信があったりして堂々としていますよね。

そういう人たちは、自分を肯定することから始まっているので、ナルシストとまではいきませんが、自分のことが好きなんだと思います。

この自分のことを好きになれるかどうかというのはかなり重要なポイントだと思っていまして、というのも、

自分のことが好きじゃないのに、心の底から自分の人生を楽しめることなんてできるわけないじゃないですか

私は、「ポジティブ」と「自信」と「自分のことを好きになれるか」というのは相関関係にあると思っているので、まずは意識的に堂々と振る舞うことで、自分に自信を持たせることから始めるのはおすすめです。

落ち込んだ時もなるべく背筋を伸ばして堂々としていると、気持ちが楽になります。

3. 自分の不安要素をなくす努力をする

ポジティブになれないということは、自分に何かしらの不安があったり、わからないことがあって、そこから抜け出せないのだと思います。

だから、ちょっとずつでもいいからその不安要素を改善するような努力をしていけば、自然にポジティブになれます。まずは行動です。

最後に、いじめについて

いじめによる学生の自殺問題は度々、ニュースなどで取り上げられますよね。本当にいじめってくだらないです。

だから、そんな「くだらない」いじめを受けた学生が自分の人生を狂わされる必要なんてないです。

いじめを受けてもクヨクヨせずに、ポジティブに這い上がってやると思えばいいんですよ。

いじめている奴もクヨクヨしている様子を見て、楽しんでいるわけですから。

自分だけ他の人と違って良い経験ができたと思って、堂々と生きましょ。